乃木坂46掲示板オープンしました。

桜井玲香卒業スピーチ完全版と秋元真夏からの手紙、若月佑美との会話全文 [真夏の全国ツアー2019]

桜井玲香の卒業ライブとなった「真夏の全国ツアー2019」最終日(2019年9月1日)での
桜井玲香のスピーチと、新キャプテン秋元真夏からの手紙、若月佑美との会話の全文です。

桜井玲香の卒業

桜井玲香卒業スピーチ

桜井玲香

皆さん今日は本当にありがとうございます。
あーもう終わっちゃうなあ。
早いですね。
あのまあ今回は乃木坂46の真夏の全国ツアー2019っていうことで、
グループのライブなんですけど。
こうやって時間を少しだけ貰えたんでちょっとだけ皆さんに感謝の気持ちを今日話したいなーと思うんですけれども。
まずこの神宮には乃木坂46の聖地となってるんですけど
私もすごいいろんな思い出がある場所で。
初めてこの規模の大きいライブをしたのが神宮が初めてで。
当時は今でこそMCって私、頭と最後ぐらいしか喋らなくて、
あとはメンバーみんなで分担してやったりしてるんですけど、
その頃は全部するっと私がMCをやったりしなきゃいけなくて。
初めてこんな大きい会場で覚えることもいっぱいあって、
もうテンパりすぎちゃって。
確か初日オープニング泣きながら出たことがあったんですよね。
それが私の神宮の初めてで。
雨降ったりとか、あと何より復活ライブをしたのもこの神宮で。
実は私3年前の夏とかかな。
一回乃木坂休業したんです。
休業したと言っても一か月半ぐらいだったんですけど。
乃木坂ありがたいことにいろんなお仕事させていただいているんで、
その一か月半という時間でももう山ほどやることがあって。
シングル「裸足でSummer」の時とかかな、
ちょうどリリースが被ってたり、
こうやって全国ツアーもあったりっていう時期で。
私も本当に頑張ろうと思って。
アイドルとしてもキャプテンとしてもめちゃくちゃ頑張んなきゃって。
力んだ結果、自分でコントロールできなくなっちゃって。
どうにもならなくなって休業しちゃったんですけど。
もうその時は本当に私もう終わったなって思ったんですよね。
もうアイドル辞めなきゃダメだなと思ったし。
何よりももう私芸能界たぶんやめたほうがいいなって本当に
目の前が真っ暗になってた時期で。
もどうしようもなかったんですけど。
なんとね三年越しの今日、私ここに立ってすよね。
それもやっぱりメンバーとスタッフさんと、あとファンの皆さんがめっちゃくちゃ支えてくれたから今日ここに立ててて。
メンバーなんてめちゃくちゃ迷惑かけたのに、
みんな定期的に連絡くれるんですよ。
「元気にしてんの?」
「最近こんな感じだよ」みたいな。
スタッフさんも連絡くれるし。
ファンの方にもすごい気を遣わせちゃって握手会とかで。
何か触れたらいいのか、触れちゃいけないのかみたいな。
なんか最初乃木坂に入った時は、こういう大人数で同世代の女の子がたくさんいるグループ。
でしかも順位がつけられるし、選抜とかアンダーとかあったり。
もうライバルじゃないですかメンバーって言っても。
だから私はちょっと頑張りたいから、もうなんか友達なんていらないと思ってたんです。本当に最初の頃。
もう一人でやってやるくらいの気持ちでいたんですけど。
こんなに、だってもう私皆さんにとっても赤の他人なのに、みんなが自分のことのように私のことを心配してくれるんですよ。
しかも私辞めようと思ってるのに、どうやったら玲香が復活できてどうやったら乃木坂46に戻ってこれるのかっていうのを、もうまるで自分のことかのようにみんながみんないろんなこと考えてくれたんです、
そういうのに支えられて、なんかそのタイミングで本気でこのグループを守らなきゃなって思ったんですよね。
メンバーを絶対に守らなきゃいけないなって思ったのは実はちょっと遅かったかもしれないですけど本気で思えたのはそのタイミングでした。
親にもめちゃくちゃ心配かけて。
もう毎日のように親は泣いてましたね。その時。
だからそう考えると今こうしてね、この神宮、自分にとっていろんな思い出がある神宮で最期を迎えられてるこの姿を皆さんに見せられてるって言うのが奇跡ですね。
本当に人生何があるかわかんないなーってすごい思います。
これから乃木坂辞めたらもう私はこれから先まだ夢があるので一人で頑張って行こうと思ってるんですけど。
なんかちょっと今「うっ」てちょっと気ゆるんだら「うっ」てなるけど、でもなんかあんまり寂しいと感じがなくって不思議と。
私が卒業を決めたのって、なんかもうアイドルいいかなと思ったからとかじゃなくて、卒業してもなんかずっとやっぱり自分にとって乃木坂って一生関わっていくなと思っていて。
メンバーはこれから現役のメンバーとして乃木坂46を作っていくと思いますけど、私は卒業した後に桜井玲香て乃木坂46だったんだよ、しかもキャプテンだったんだよすごくない?って言ってもらえるような人になりたいと思ったので、このタイミングで卒業して早く新しいスタートを切らないとメンバーに背中を見せられるようにならないとと思って卒業を決断したので。
なんかこれからも乃木坂なんだなと思って、だから寂しくないのかなって思いますね。
これからもメンバーとして一緒に活動することはなくなるけど、私は私でこれからも乃木坂46を作り続けていく一人だと私は思っているので、それを胸に刻んでこれからも活動していきたいと思います。
また多分皆さんにもまた色んな姿をお見せするつもりでいるんで皆さんこれがお分けれじゃないですから、これからもワクワクして待っていてほしいなと思います。
こんな感じかな。
ありがとうございます。
では今回卒業を記念して初めてのソロ曲を頂いたんです。
秋元康さんが作詞していただいて、杉山勝彦さんが作曲して下さった本当に素敵な曲を頂きました。
本当に私も秋元さんに出会ってなかったらこうやって人前に立ってこうやっていろんな景色を見ることはできなかったと思うので、本当に感謝してます。
そういう感謝の気持ちと、あとは歌詞的にはメンバーとかファンの皆さんに贈るような内容にもなっているので、感謝の気持ちを込めて最初で最後の初披露になりますが聞いていただきたいと思います。
それでは聞いてください。
「時々思い出してください」

新キャプテン秋元真夏から桜井玲香への手紙

秋元真夏

玲香へ、
玲香卒業おめでとう。
そしてキャプテン本当にお疲れさまでした。
8年間、乃木坂のキャプテンを務めてくれた玲香には伝えたい思いがたくさんあります。
今日はメンバーを代表して私が手紙を贈らせてもらいます。
私の中での玲香との最初の思い出は、乃木坂の最終オーディションです。
黒いミニスカートを穿いてキリッとした表情の玲香とすれ違った私は、
そのキラキラしたオーラに圧倒されていました。
それから一緒に活動していく中で、玲香との思い出が数え切れないくらいできました。
女子校出身メンバーで結成した「女子校カルテット」は、他のメンバーからも、
この4人はお母さんになってもお婆さんになっても一緒にいそうだねって言われるくらい濃い時間を過ごしてきたり、
何年か前のクリスマスに、リハが終わってお互い予定がなくって2人でご飯に行ったり、
初めて2人きりでご飯に行ったから、実はあの時、何を話そうかなと緊張していたけど、
今では何でも話せる関係になれたのが、私はすごく嬉しいです。
でも、やっぱり忘れられないのは、乃木坂の活動をみんなより1年遅れで始めたときのことです。
あの時、私は正直、自分が乃木坂に受け入れてもらえるのか、怖くてたまりませんでした。
でもそんなとき、私のことをずっと気にかけてくれていたのが玲香でした。
きっと玲香はキャプテンという立場じゃなくても、そうやって私を見守ってくれたんだと思います。
あの時は本当にありがとう。
玲香がキャプテンでなければ、今の乃木坂はありません。
玲香はそんなことないって謙遜するだろうけど、私だけじゃなくここにいるみんながそう思っているはずです。
目には見えない乃木坂らしさ。
それは玲香がつくってくれたこの優しい空気感なんだと思います。
玲香はすごく人に気を遣うし、自分の悩みも話さないから、もっと頼ってと心配になることもたくさんありました。
でもメンバーはみんな心の底から玲香がキャプテンで良かったと本当に思っています。
嬉しいことも苦しいこともすべてを受け止めてくれて本当にありがとう。
こうして手紙を読んでいても、まだどうしても玲香がいなくなることを想像できません。
また明日楽屋に入ったらいつものように玲香に会える気がしてしまいます。
面と向かってこういうことを言うべきじゃないことは分かってるけど、本当は寂し過ぎてどうしたらいいのか分かりません。
できることなら、ずっと一緒にいたかったけど、
これからは私たちは誰よりも玲香の応援団になって背中を押します。
だからこの先、たいへんなことや、辛いことがあったら、その時くらいは私たちを頼ってね。
8年間本当にお疲れ様でした。
今までありがとう!
大好きな玲香へ

卒業生代表若月佑美と桜井玲香の会話

若月佑美

すいません。
お邪魔しております。
若月佑美です。
卒業生を代表してお花を持って参りました。
玲香ほんとに卒業おめでとう。
そして、よく頑張りました!!
これからは一緒に頑張りましょう。

桜井玲香

今日見つけたの。
見つけたんだけど・・・
卒業の時にみんないないって寂しいなって思ってたんだけど・・来てくれてた。ありがとう。
・・・・・・
マイク通して言ってよ。

若月佑美

全部しゃべり終わってからマイク渡すのやめてください。
あのー、ね、卒業メンバーも玲香カッコイイっつって、
最後まで輝いてるな~って言って。
応援してましたんで。

桜井玲香

もっと頂戴。もっと頂戴。

若月佑美

欲しがるな。欲しがるな。
でも8年間本当に頑張ったと思いますけど、
こっからが長いですからね。
こっから共に戦友として頑張りましょう!
(2人でグータッチ)
最後みんなに挨拶してください。
すいませんお邪魔しました。
(2人でカメラに向かってピース)

桜井玲香

頑張る。
ありがとね。若月ありがとう!!
なんだよもう。嬉しいじゃん。

その他の乃木坂46卒業に関する書き起こしはこちら
乃木坂46卒業書き起こし一覧

☆ 桜井玲香推しの方へ ⇒ 桜井玲香の好きなところ
☆ 秋元真夏推しの方へ ⇒ 秋元真夏の好きなところ

乃木坂に対するコメント